忍者ブログ
制作日記的な挑戦の記録
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[2007年9月3日お遍路62日目]

弘法大師が入定されている御廟がある高野山は奥之院。

八十八ヶ所を巡り終えてから、こちらに報告と感謝するという意味でお参りするのが一般的みたいです。

でも、四国へ行く前に挨拶し、結願後に改めて参るのが、本来のお礼参りであるとも言われます。

自分の場合は、せっかくここまで来たのだから、高野山にも行っておこうというノリでしたが・・・

とにかく杉の木がどーんといくつも生い茂っていて、何とも言えない神聖な空気に満ちていた、ような気がしました。

高野山は世界遺産に登録されているだけあって、とにかく見所いっぱいで、観光客もいっぱいでした。

丸一日観光してから、高野山を後にしました。





その後、一度大阪へ戻り、夜行バスで東京へと帰りました。

こうして、私のお遍路は終わりました。

これまで私のお遍路の絵を見てくださった皆さんも、お疲れ様でした。


いやー、それにしても、絵を全部アップするのに、1年半以上もかかってしまうとは・・・

そのうち余裕があれば、お遍路関係だけの別サイトを立ち上げるかもしれません。
(ほんと、余裕があれば・・・)


今後も気が向いたら何か絵をアップしていくつもりでございます(^-^)
PR
[2007年9月1日お遍路60日目]

ついに戻ってきました!

始まりのお寺であり、終わりのお寺でもある、霊山寺です。

自分が旅を始めた頃から、やりたいと思っていたこと。

それは、最初と最後同じ絵を描いて、どれだけ上達したか見比べてみよう、というものでした。

そんなわけで、どうぞ見比べてみてください。


(before)

(初日の日記)


(after)



前よりも少し引いてみたのですが、アングルはほとんど同じです。

自分で言うのも何ですが、うん、やっぱり上達してるなぁ。


ここに至るまで丸2ヶ月。

ほんと長かったです。

終わってみればあっという間だったような気もするのですが、それでもやっぱり長かったなぁと思います。
[2007年9月1日お遍路60日目]

とりあえずどうしても描かなければいけなかったお寺の一つがこちらです。

初日に訪れたものの、どこをどう描いてよいかわからず、結局ろくに描けずに敗北していたのでした。

(初日の絵)

正面からは描きようが無かったので、横から描きました。

ラフですがいつになくスラスラ描けました。

ちなみに、88番からは10番の近くに出て、そこから1番まで戻っていくルートが一般的です。

かつて通った道をまた歩いていると、いろんなことを思い出して、ものすごく懐かしい気持ちになりました。

また、お遍路を歩き始めた人たちともたくさんすれ違いました。

なんだかラスボス倒した後に、最強装備、最強レベルで最初の町に戻ってきた感じがするのでした。
(最強かどうかはともかく・・・)


[2007年8月16日お遍路44日目]

お遍路には、善根宿(ぜんこんやど)というものがあります。

善根宿とは、お遍路さんのために、善意で、無料もしくは格安で提供された宿のことを言います。

そんな善根宿を、今昔さんという大ベテランのお遍路さんが造っていました。
(一応、左側のヒゲのおじさんが今昔さん)

知り合っていた別のお遍路さんが先に手伝っていて、そのつながりで訪ねてみたのでした。

今昔さんを慕っている方などが立ち寄っては、手伝って、また旅立っていく、という感じで、とても活気にあふれている現場でした。

自分も1日だけちょっとお手伝いさせてもらいました。

ついでにこの絵を描いて置いてきたのですが、たぶんもう無いだろうなぁ・・・

現在はオープンしているようです。

場所は愛媛県四国中央市の伊予土居駅の近くです。

64番から約28km、65番まで約16kmのあたり。


[2007年8月27日お遍路55日目]

84番札所の本堂の隣には、四国狸の総大将と崇められる太三郎狸を祀る蓑山大明神があります。

太三郎狸は屋島の禿狸ともいわれ、佐渡の団三郎狸、淡路の芝右衛門狸と並んで、日本三大狸に数えられています。

映画「平成狸合戦ぽんぽこ」にも登場しました。

太三郎狸は夫婦仲が良かったといわれていて、現在は、夫婦円満、縁結び、商売繁盛の神様として祀られており、子宝にもご利益があるとされています。

(84番札所 屋島寺)


[2007年8月26日お遍路54日目]

82番札所の山門前の茂みの中に立っています。

根香寺には牛鬼伝説があるそうです。


約400年前、天正の頃、青峰山に住んでいた牛鬼という怪物が、村の人々を苦しめていました。

弓矢の名人である山田蔵人高清が退治しようと山中で待ち構えていたが、なかなか発見することができませんでした。

見つかるよう根香寺の本尊に祈願した満願の日、牛鬼が出現しました。

高清が射た矢は口の中に刺ささり、牛鬼は悲鳴を上げて逃げ去っていきました。

後を追うと、2kmほど西の定が渕で死んでいるのを発見しました。

高清は牛鬼の角を切り取り、村人からお礼にもらった米15俵を奉納し、菩提を弔いました。

今でもその角と牛鬼の絵が残されているそうです。

また、牛鬼の絵姿を身に付けていると、魔除けの効果があるとか。


ところで、この表情を見るとどうしても「くわっぱ!」と言いたくなってしまいます。

(82番札所 根香寺)



[2007年8月21日お遍路49日目]

71番札所の本堂近くの岩壁に彫られている、阿弥陀三尊像です。

その周りには無数の仏像が刻まれています。

弘法大師は、8万4千体もの仏像を刻んだとされています。

ところで私は、てっきりこのスケッチの磨崖仏が、弘法大師が刻んだものだと思い込んでいたのですが、後でいろいろ調べてもそういう記述は見つけられませんでした。

どうもこれは違ったようです・・・

(71番札所 弥谷寺)


[2007年7月16日お遍路13日目]

お礼参りの前に、記念のスケッチを数点アップしていきます。

これは、24番に行く途中にありました。

大きな岩が海からそびえ立っていました。

どっちがダンナでどっちがヨメさんかはわかりませんが。

絵の手前側がちょっとした広場になっていて、東屋がありました。

そこで野宿した時、ベテランの歩き遍路のおじさんと知り合いました。

貴重なお話をいろいろ聞かせてもらいました。

この後も何度か会って、野宿ポイントとか教えてもらったりしました。

いい思い出です。

感謝です。

まだ旅の初めの方なので、絵はちょっとイマイチですね。

詳しい場所は、高知県室戸市の、23番より約62km、24番まで約12kmのあたりです。

(23番札所24番札所)


[2007年8月30日お遍路58日目]

とうとうこの日がやってきました。

ついに結願です!

お寺の数百m手前で雷雨に見舞われてしまい、山門前のお店で雨宿りさせてもらいました。

小降りになった頃を見計らって、お参りしました。

絵を描いている時は、幸いにも止んでくれました。

それにしても、ようやく結願です。

終わりが近づいてきている時は、感慨深いものがあったのですが、いざ終わってみると、こんなものかぁという割とあっさりした心持ちだったりします。

それはきっと、旅はここで終わりじゃないからなんだと思います。

この後は、お礼参りが待っています。

お遍路でお礼参りとは、打ち始めのお寺にお参りすること、高野山へお参りすることをいいます。
(厳密な定義があるわけではなく、人によって様々です。また、お礼参りは必ずしなければいけないものでもありません)

そんなわけで、まだ続きます。


[2007年8月29日お遍路57日目]

残りあと2カ寺だ、気合入れて描くぞーと意気込んでいたものの、本堂はなんと修繕中でした。

またか・・・と思いつつも(66番札所も工事中だった)、気を取り直して、隣の大師堂を描きました。

ここもペンは布書き用だったのですが、おかげでいい感じに仕上がったと思います。


[2007年8月29日お遍路57日目]

境内には草木が茂り、五重塔があったり、本堂や仁王門は文化財になってたりと、なかなか雰囲気のあるお寺でした。

日が暮れてから訪れた時は、ちょっとおどろおどろしい感じもしたのですが、翌日明るくなってから改めてお参りした時はそうでもなかったです。

本堂前には鳩が集まっていたので、鳩を中心に描くことにしました。

というか、普通に本堂だけを描くのに、飽きてしまったのでした。

また画材を変えようと思い、使ったのが、布に字を書くためのペンでした。

普通の紙だとインクの出が一定ではなくて、逆にそんな線がいい感じになったと思います。


[2007年8月28日お遍路56日目]

こちらのお寺も急な坂を上ってたどり着きました。

境内の背後には五剣山という山がそびえています。

わかりにくいですが、本堂の脇に階段があって、そこを登っていくと、「中将坊」と呼ばれる天狗を祀ったお堂があるそうです。


[2007年8月27日お遍路55日目]

急な上り坂を約1km歩いてようやくたどり着いた屋島寺は、屋島山頂にあります。

ここではかつて源平の合戦があったことでも有名で、いわゆる観光寺のひとつになっています。

にもかかわらず、本堂はいい感じに古いままで、赤い色が南国チックでとても味がありました。

本堂の裏手の方からは、高松市内を一望できて、夜景がきれいでした。

(別の場所からは瀬戸内海も一望できるみたいです)

ここではネパール人のお遍路さんと知り合い、思わぬ国際交流ができました。

結構外国人のお遍路さんは多いのです。

ここの境内には、日本三大狸のひとつである「太三郎狸」を祀った蓑山大明神もありました。(蓑山大明神)


[2007年8月27日お遍路55日目]

ここのお寺で絵を描いていたら、近所に住む小学生の兄弟から、インタビューされてしまいました(!)

小3の弟くんの夏休みの宿題みたいで、小5のお兄ちゃんがフォローしていました。

か、かわいらしい・・・

楽しいひとときでした。


[2007年8月26日お遍路54日目]

ここは絵を描くのに1時間くらいしか時間がなかったので、大急ぎで描きました。

でもおかげで、描きたいものが描けた感じで、ちょっと吹っ切れた気がしました。

本堂前の木の葉が色づき始めていて、それが綺麗でした。

ちなみに、ここのお寺には「牛鬼伝説」なるものがあり、山門の近くの茂みには、牛鬼の像が立っています。(牛鬼)


[2007年8月26日お遍路54日目]

81番、82番へは山道を登らなければならないのですが、ここも難所のひとつになるみたいです。

でも自分は、途中で知り合ったお遍路さんと話しながら登ったので、特にきつい印象はなかったです。

ここには崇徳上皇の廟所・頓証寺殿もあります。

絵は、なかなか形がうまくとらえられず、苦労しました。

81番まできて、まだこんな絵を描いているのかと、かなり凹みました。


[2007年8月25日お遍路53日目]

讃岐の国分寺です。

境内は広く、大きな礎石がいくつも残っていて、かつてはもっと壮大だったのだろうなぁと想像できます。

ここに参拝する前に、門前にある接待所で休憩しました。

こちらで働いている方に、事前にメールでここのことを教えて頂いていたので、是非にと寄ってみました。

すごく良い感じのところでした。

話の流れで、近所の画家さんも呼んで、絵を見てもらうことになりました。

画家さんは普通に感想を言っただけで、自分が勝手に変に思い込んでしまって、どう絵を描くべきなのか、再び迷い始めてしまいました。
(ほんとに悪く言われてわけではなくて、ただの自爆です)

そんなわけで、立派な本堂の脇に小ぢんまりと佇んでいた春日明神をさらさらと描いてしまいました。

うーん、何なんだろう・・・


[2007年8月25日お遍路53日目]

天皇寺ともいいます。

大きな赤い鳥居が特徴的です。

崇徳上皇を祭る白峰宮に隣接し、元は白峰宮の神宮寺であったため、山門がありません。

ちなみに、これまでずっと本堂縛りで絵を描いてきました。

今のところ、66番だけは本堂が工事中だったので、五百羅漢像の絵になっていますが、それ以外の絵には全て、本堂が入っています。
(76番は現大師堂が元本堂です)

ここの絵が一番際どいのですが、左端のちょっと茶色いやつ、それが本堂の一部です。

ね、ちゃんと縛りは守っているでしょう?

一見本堂が入って無さそうな絵でも、どこかに描かれていますので、探してみるとおもしろいかも?


[2007年8月24日お遍路52日目]

八十八ヶ所で唯一、境内から瀬戸内海が見える札所です。

絵にも瀬戸大橋を描いてみたのですが、実はこの位置からだと、手前に障害物があって本当はちょっと見えづらいのですが、そのへんは割愛させてもらいました。

ちなみに、直射日光があまりに厳しかったので、黒い傘を日傘代わりにして絵を描いていました。

この絵の構図を見てもわかるように、参拝客からはっきり見える位置で、傘を差して、絵を描いていたのです。

もう羞恥心とか薄れていました。(-_-;

ここのお寺では、旅の始めの方でよく一緒になっていたお遍路さんと、久しぶりの再会を果たすことができた、嬉しい思い出もあります。


[2007年8月23日お遍路51日目]

こちらの境内には、全国の観音様およそ255体が祭られていて、参道沿いにずらりと並んでいました。

本堂の裏の方には、愚痴聞き地蔵様もいて、愚痴を聞いてもらったらちょっとすっきりしました。


[2007年8月23日お遍路51日目]

お寺よりも、その前にあったうどん屋さんで食べたうどんがおいしかったのが、すごく印象に残っています。

香川と言えばうどん、なのに全然食べていなかったのでした。
(なんか映画『UDON』にも出ていたとか・・・)

さて、絵の方ですが、本堂ではなく大師堂を描きました。

本堂はぴかぴかどーんと立派なのですが、逆にそういうのは描く気が起きないのであります。

地元のおじさんの話を聞いたら、大師堂が元は本堂だったとのことだったので、古くて味のある(このへんは完全に主観ではありますが)こっちの方を描く事にしました。


[2007年8月22日お遍路50日目]

弘法大師誕生の地とされているここ善通寺は、とにかく広かったです。

約13万5千坪もある寺領は、東西二院に分かれています。

東院には本堂の他に、門が3つもあり、五重塔もそびえています。

西院には御影堂(みえいどう)があり、ここで弘法大師が誕生したと言われています。

そしてさらにすごかったのは、ここの宿坊です。

ちょっとしたホテルか旅館かと思えるくらいに良い感じのところでした。
(しかも値段は他の宿坊と同じという)

絵の方は、境内の外から東院の南大門を描いてみました。

描いた場所が道路だったということと、ちょっと雨が降り始めていたということもあって、だいぶ雑になってしまいましたが・・・


[2007年8月22日お遍路50日目]

ここのお寺は、ちょっと高い位置から見下ろして描くことができました。

構図がちょっとおもしろいかなぁと。

ところで、絵を描く前には、どこから描こうかなぁと境内を物色して歩くのですが、ここではそのせいでちょっと不審人物に思われてしまいました・・・


[2007年8月22日お遍路50日目]

このお寺よりさらに山を登ったところに、捨身ヶ嶽(しゃしんがたけ)と言う断崖絶壁があります。

その昔、弘法大師が7歳の時(幼名は真魚)、

「自分は仏門に入って多くの人を救いたい。
 もしこの願いが叶うなら釈迦如来よ、現れたまえ。
 叶わぬならこの身を捧げて諸仏に供養するつもりだ」

と言って、その崖から谷底へ身を投じたそうです。

すると、釈迦如来と天女が現れ、大師を抱きとめて「一生成仏」の宣を授けたと言います。

願いが聞き入れられた大師は、その後、釈迦如来を刻んで本尊とし、出釈迦寺を開いたそうです。

お大師さんはすごいですね。

自分はそこまで行く根性はなかったですが・・・


[2007年8月21日お遍路49日目]
(↑日付は、お参りした日をカウントしています)

お寺には夕方着いて、できれば境内のベンチで野宿させてもらおうとお願いしたら、通夜堂を使わせてくださいました。

ありがたや。

絵は翌朝描きました。

学校は夏休みということもあって、ここの境内で、近所の小学生たちが集まってラジオ体操をしていました。

・・・ぶっちゃけもう筆ペンがどうとかどうでもよくなっています。


藤川さくらHP
まずはこちらから




01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
twitter
ブログ内検索
アーカイブ
フリーエリア
バーコード

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]