忍者ブログ
制作日記的な挑戦の記録
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

65番三角寺

朝、手伝いもそこそこに、善根宿製作中の絵を描いて、そこにおいてもらうようお願いしました。
何かしら自分もそこにいたのだという証を残したくなったのです。
旅立つ前に、ベテランお遍路さんから、とある宿を紹介してもらいました。
連絡したら車で迎えに来てくれるということでした。
どうにか65を打ち終えたら、もう日がほとんど沈んでいました。
時間が微妙だったので一度は止めようと思ったけど、折角紹介してもらった宿だから泊まってみたいなあと思い、とりあえずそこに電話してみました。
特に場所は聞いてなくて、てっきり65番の近くだろうと思っていたら、なんと66番よりさらに遠いところにあるというじゃないですか。
(距離にして65から20km以上離れている。宿から吉野川が見えると聞いてた時点で気づくべきだったなぁ)
申し訳ないなと思ったけれど、迎えに来てくれるとのことでした。
(多分紹介してくれたベテランさんの名前を言ったことが大きい)
66番方面へ向かって歩いていれば、途中で拾うということになったのですが、自分は何を思ったのか、全く反対方向に歩いていました。
そのせいで、のべ30km近く宿の主人には運転させてしまいました。。。
ちなみに、途中で道を聞いた老人ホームの人たちがすごく優しくて、それにも感謝です。
その宿は、ラフティング(川下り)のお客さんがメインみたいで、お遍路とは関係のない一般の人たちがいっぱいいました。
みんなしてBBQやってるのをいーなーと思いながら、自分は部屋に一人こもってパンを食べました。
そしたら、「腹減ってないか」と主人がやってきて、「いっぱい食え」と言って自分をBBQの輪の中に入れてくれました。
おお。(いろんな意味で)
肉食えるし、いきなり酒注がれるし、まわりは若い人いっぱいだし(女子率高し)、、ムーディー勝山に似てると酔っ払いにからまれるし、お遍路ということで物珍しげに扱ってもらえるしで、なかなか楽しげな時間を過ごせました。
(前の日記に書いた、慣れない酒とは、ここで飲んだ焼酎のこと)

というわけで、部屋に戻ったらバタンキューでした。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
藤川さくらHP
まずはこちらから




05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
twitter
ブログ内検索
アーカイブ
フリーエリア
バーコード

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]