忍者ブログ
制作日記的な挑戦の記録
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2番極楽寺→1番霊山寺


この日はまず2番へ行きました。

何故2番かというと、実はそこだけ絵が描けていなかったからです。

うーん、懐かしい。

なんか、ラスボス倒した後に最強レベル・最強装備で最初の町に戻ってきたぞっていう感じの優越感といいますかね。
(まあ最強かどうかはともかくとして) 

実際、お遍路始めたての人たちの、装備のきれいなこと。

絵のほうは、ラフではあるけどいつになくスラスラ描けました。 

書き終わってから、納経帳に重ね印をしてもらいました。


そうして、元気よく、さわやかに、始まりの地であり、終焉の地でもある、1番霊山寺へ向かいました。

約1kmの短い距離だけど、いろいろなことを思い出しながら歩きました。


1番に着いたら、前に会ったネパール人のお遍路さんと再会しました。

彼はヒッチハイクで高野山へ行こうとしてて、その旨を書いたボードを持っていました。

とりあえず最後のお参りを済ませ、絵を描き始めました。

ネパール人の彼は最初いろいろ話しかけてきたのですが、途中でいなくなりました。

そんでふと気がついたら、自分の横にはヒッチハイクを求めるボードが置かれたままになってました。

「高野山までヒッチハイクを御願い致します。私はネパール人です。」

・・・俺はネパール人じゃないぞー!と突っ込みを入れながら、黙々と描き続けました。

そのうち、中国だか韓国の尼さんの集団+ガイド1名の団体がやってきました。

その集団は自分の近くまで来ると、たぶんガイドは日本語が読めるのでしょう、ボードに書かれていることを説明し始めました。

おそらく、高野山はどういうところでーとか、この人はヒッチハイクで行こうとしててーとか言ってたと思います。

説明の終わりに、この人はネパール人です、と言って僕の方を見ました。

そしたら尼さん全員が一斉にこっちを向いて、へぇこの人がネパール人ねぇ、と口々に言ってました。
(おばさんの言いそうなことは、大体想像がつく)

僕は慌てて、ノーノー、アイムナット、アイムジャパニーズ、と否定しました。

全く、失礼しちゃうわねっ。

そんな小咄がありつつ、絵も描き終わりました。

ここの納経も重ね印するのかと思っていたら、新たなページに、「願行成円」と書いてくれました。

意味も教えてくれたんだけど、えー、まぁ読んで字の如くです。

あと、腕用の念珠ももらいました。 

ネパール人の彼も、高野山へ行けそうな雰囲気でした。

彼には虫除けスプレーとお菓子をあげて、別れ、1番寺を後にしました。


さあ!これで終わりです!

ここまで丸2ヶ月かかりました。

いやー、長かったなぁ。 

終わればあっという間だったような気がするけど、でも短いとは思わないな、長かった。


お世話になった皆さま、応援してくれた皆さま、心配してくれた皆さま、
本当にありがとうございました!m(_ _)m

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おつかれさま~
Posted by タクト 2007.09.03 Mon 07:03 編集
無題
タクト>
ありがと~
Posted by むうむう 2007.09.04 Tue 15:36 編集
写真解説
いまさらだけど、解説を。

・右ページ:88番大窪寺の納経

・左ページ:1番霊山寺のお礼参りの納経「願行成円」

・写真の左上:1番でもらった腕用念珠
Posted by むうむう 2007.09.04 Tue 15:41 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
藤川さくらHP
まずはこちらから




05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
twitter
ブログ内検索
アーカイブ
フリーエリア
バーコード

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]