忍者ブログ
制作日記的な挑戦の記録
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11番藤井寺~12番焼山寺


最初の難関、遍路ころがし。

まじできつかった!

たぶんこれまでの人生で一番肉体的にきつい思いをしたと思う。

標高700m以上までの道のりを、約12kmひたすら登るのさ。

そりゃきついさ!

ちなみに、途中で知り合った福岡の人(♂20)と一緒に、約5時間半かけて登った。

さて、山頂着が16時半頃。
自分はそこから絵を描かなきゃなんだけど、確実に夜になってしまうわけで。

1kmくらい下りると休憩所があったけど、翌日また登ってくるのは体力的にしんどい。

そこで、お寺の人に事情を説明して、通常は使用を断られてる通夜堂(無料宿)を貸してもらえることになった!

これで心置きなく絵が描ける。

とりあえず2時間くらい描いてから、例の通夜堂へ。

それは山の中にあって電気がないから、入るとそこは完全な暗闇…

おっかなかったけれど、がまんして朝を待ちましたとさ。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
怖いな(;´Д`)幽霊でそうだ・・・・・
Posted by jo-ji 2007.07.11 Wed 22:28 編集
無題
寺で真っ暗闇ってもう、おあつらえ向きな感じな…
しかも通夜堂…
そりゃねえ…

とはいえ良い経験であると思います。
Posted by しら 2007.07.12 Thu 00:28 編集
無題
そんなきついコースがあるんだね。
負けるな 辛いときは歌おう。こっちからパワーを送るぜ
Posted by アツシ 2007.07.12 Thu 00:37 編集
台風来てるしなぁ
登山っぽいな。体力がつきそう。
マッチョになった裕介君に会えそうだ。

完全な暗闇の中でこそ、月明かりがきれいにみれるもの。でも曇りの日は怖いなー、たしかに。
Posted by 佐藤 2007.07.13 Fri 08:20 編集
無題
jo-ji>
そこはあえて考えないようにした。

しら>
たしかに貴重な体験でした。
ちなみになんで通夜堂っていうかはわからないけど、普通の小屋みたいな感じを想像してもらえれば。

アツシ>
パワーをありがとー。
水戸黄門の歌はお遍路にはまりすぎ。

佐藤>
残念ながら月は見れず。
そして確実にマッチョになってきてる。
正確には脂肪が落ちてるだけだけど。
Posted by むうむう 2007.07.15 Sun 19:16 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
藤川さくらHP
まずはこちらから




05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
twitter
ブログ内検索
アーカイブ
フリーエリア
バーコード

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]