忍者ブログ
制作日記的な挑戦の記録
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

○牛嶋神社にて

DSCN1828web.jpg

0042.jpg
(撫で牛という牛さんがいるのだ)

http://www.tesshow.jp/sumida/shrine_mukojima_ushijima.html


実際に来るのは、これが2回目。

あれ、こんないいかんじな神社だったっけ、と思うくらい、いい感じだった。


最近、会社の先輩の影響でいろんな神社行くようになってて、そのおかげだと思った。


巫女さんがお迎えしてくれて、控え室になっている建物に案内してくれた。

0040.jpg
(スカイツリーのお膝元)

DSCN1831.jpg



まずは全員が控え室に入った。

前に来たときは、こっち新郎側、こっち新婦側とふすまでしきられてたので、分かれているものだと思っていたけど、この日入ったら全てのふすまは取り払われてて、大広間になっていた。

真ん中奥に新郎新婦の席があって、その両サイドに互いの親族が向かい合わせで座った。

0064.jpg
(こんなかんじ)


最初に、式のときに読む誓詞(せいし)に、日付と名前の記入し、巫女さんから読み方の説明を受けた。

P1070688.jpg

0046.jpgφ(._. )mカキカキ

書いた誓詞は、懐にしまっておくように言われた。


次に、玉串(たまぐし)の奉奠(ほうてん・供えるの意)のやり方と、三献の儀(さんこんのぎ)のやり方を説明してもらった。

0054.jpg

玉串奉奠は、右手左手あーしてこーしてと、ちょっと複雑だった。不安。


それが終わったらしばらく待ち時間。



親族紹介は今やるか式後社殿で行うか訊かれて、なんとなく社殿で、と答えてしまったものの、両家向かい合わせで座ってて、特に話すことも無くただ待っているという間がけっこうつらくて、奥さんと小声で相談し、やっぱり今やっちゃいます、と変更を申し出た。



そんなわけで、親族紹介。


まずは新郎側から。

0063.jpg

父親がえー?とか言って、なんかちょいちょい変なこと言ってウケをとろうとしている。



次に新婦側。

0071.jpg

義父さんも、やっぱりおもしろいこと言ってる。



紹介終わると、神社の人が現れて、それでは・・・と皆を促した。


手水で手を清めてから、控え室を出る。


巫女さんを先頭に2列に、自分と奥さんの後ろにそれぞれの両親から順にずらり並ぶ。

0081.jpg


参進。

神社の雰囲気を味わいつつ、石畳の上をゆっくり歩いて社殿ヘ向かう。

0082.jpg

0091.jpg

0092.jpg


雨さえ振らなければいいやと思っていたけど、太陽も照って結構蒸し暑くなった。

暑いけれど、自分はむしろ晴れたことに心から感謝と感激していた。

しかし後ろからは、暑いというつぶやきがちらほら聞こえる・・・

DSCN1847.jpg



社殿に入る。

0094.jpg
(ぺこり)

入り口に2本の柱があって入るところが3つに分かれて、真ん中から新郎新婦が、社殿向かって右側から新郎親族、左側から新婦親族が入った。

なんか決まりみたい。



真ん中の床几(しょうぎ)椅子にうちら夫婦が座る。

両サイドに親族が並んで座る。

0103.jpg



神主さんが現れ式が始まる。

DSCN1849.jpg



・祝詞奏上(のりとそうじょう)

神主さんが祝詞を読み上げた。



・神楽奉納(かぐらほうのう)

巫女さんによる神楽の舞い。

0101.jpg

0100.jpg

初めて神楽を見た。



・三献の儀(さんこんのぎ)

いわゆる三三九度。

杯に注がれたお酒を、2回口につけて3回目に飲み干す。

先に新郎が受けて、お酒が注がれて飲み、杯を新婦に渡し、新婦もそれに注がれて飲み、杯を返す。

0105.jpg

0121.jpg

0116.jpg

0117.jpg

杯は大中小と3つ重ねられて用意されており、この行為を3回繰り返した。

0076.jpg


一回やれば終わりかなーと思ってたものだから、二回目、三回目もあったので、ちょっとたじろいだ。

でも思えば事前に巫女さんに3回繰り返しますよと言われていたような気もする。


そういえば、ここで注がれるお酒は飲み干す必要はなくて、飲めなければ口をつけるだけでいい、ということも教えてもらってて、そのことを奥さんにも伝えておいてくださいねと言われたのも、ここで思い出した。

奥さんはお酒飲めない人。そして素直な人。

全部普通に飲んで酔っぱらっちゃったらどうしよう、大丈夫かしらと少し不安になった。

0119.jpg
(ドキドキ……)

でも大丈夫でした。



・玉串奉奠(たまぐしほうてん)

新郎新婦が、席を立って、祭壇に進む。

0122.jpg

なんか葉っぱ(玉串)を、こう持って、こうして、こう持ちかえて、こう捧げて、と練習したやつ。

しかしうろ覚えで、若干まごつきそうになったものの、ここは堂々とせねばと、いかにもできます素振りをなんとかがんばった。

0125.jpg
(ええっと、たしか……)



・誓詞奏上(せいしそうじょう)

事前に名前を書いて、ずっと懐に忍ばせていたやつを読み上げる。

0128.jpg

緊張。


なんとかやりとげ、席に戻る。


・両家の父親も玉串奉奠。

0135.jpg



・指輪交換の儀

指輪が用意され、まずは新郎が新婦の指にはめる、、、はめ、、、あれ?

奥までは入らない?(汗)

0137.jpg
(苦笑い・汗)

実は、奥さんの指が微妙にむくんでしまってて、指輪が第二関節に引っかかってしまったのだ。

苦笑いして、これでよしとしてもらった。

自分の指には、すぽっと入った。



・親族杯の儀

親族全員で、三三九度のように3回で杯のお酒を飲み干した。

0145.jpg



・最後に、神社からの記念品を頂いた。(これは後で受け取ることになる)

ていうか、記念品があるんだ、と思った。



以上で式は終了。

0146.jpg

※ちなみに、進行はうろ覚えなので、抜けてるところがあるかも。。。


一礼して社殿を出る。


DSCN1868.jpg
(白無垢はなにかと大変そうだった)



神社前で、集合写真を撮った。

0150.jpg

境内からはスカイツリーが良く見える。

スカイツリーと一緒の記念写真もみんなで取りまくり。

0152.jpg


ひとしきり写真を撮られて、バスに戻る。


DSCN1902.jpg

なかなか雰囲気あってよかったねーと奥さんと感想を言い合う。



ホテルに戻る。



※後日、神社から頂いた記念品を開けてみたら、こんなのだった。

P1030058.jpg
(撫で牛お守り!)


P1030059.jpg
(開運招福クリスタル!)


P1030060.jpg
(お守りとお菓子!)



(つづく)
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
藤川さくらHP
まずはこちらから




09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
twitter
ブログ内検索
アーカイブ
フリーエリア
バーコード

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]